知っとき隊!新旧の刺青除去法を徹底比較!

最新の刺青除去施術「ピコレーザー」をはじめとする美容外科の手法を一挙紹介

刺青除去の治療方法ガイド HOME » 削皮治療ってどんなもの?【刺青治療】 » 施術の費用

施術の費用

ここでは、削皮治療で必要となる費用の相場をしょうかいしています。

気を付けて!削皮治療は自己負担10割

「削皮治療(剥削法、アブレージョン)」は、タトゥーや刺青部分の皮膚表面を削って除去する方法です。

メリットはレーザーでは除去困難な赤や黄色といった多色の刺青やタトゥーを除去できる、レーザー治療と組み合わせることができるという点、また1回の治療で効果が得られるため、早急に消したいという人にも適しています。

いっぽう、デメリットとしては、火傷のような治療跡が残るという点でしょう。

削皮治療は、手術で顔の形を変える、医療で痩身を行う整形外科、美容外科の診療、治療と同じく「自由診療」になります。

つまり保険を適用することはできません。医療控除もありませんから、治療や手術、すべての費用が患者の負担になります。

「自由診療」の場合、それぞれの医療機関、専門クリニックが料金を決めることができます。そのため、同じ「削皮治療」を行ったとしても、クリニックによって金額差が生じます。

また、美容医療は基本的に「高額」です。その背景には、「手術の失敗」や「満足のいかない結果」になった場合、患者の人生を左右するという理由があります。

どんな診療科目であれ、絶対に失敗は許されませんが、そのような理由から、特に美容医療の現場では優秀なスタッフを集め、最新の医療器具を用意する必要があるのです。それだけに、治療費が高くなる傾向が生じてしまいます。

カウンセリングで見積もりを

「削皮治療」にかかる費用は、大きさ(面積)によって異なります。

10cm2の大きさで、30万~50万円程度が目安となりますが、基本的には、刺青やタトゥーの大きさに比例するということです。

また処置する場所によっても、手術費用は異なります。

削皮治療で刺青やタトゥーを除去するときの治療・手術費用は、最終的に来院者の刺青やタトゥーの状態、患部の大きさ、手術内容などによって決まります。

費用の目安はありますが、正確な数字を知るには、実際にカウンセリングを受け、そこで見積もりを出してもらうことが必要となります。

自由診療ですから、見積もりは1ヵ所だけでなく、複数のクリニックで出してもらいましょう。

まずは、いくつかの医療機関やクリニックのホームページを見て、候補をピックアップしておくことをおすすめします。

なお手術費用には、現金一括のほか、クレジットカードや医療ローン(レーシック、美容整形など、保険が適用されない高額医療費用を支払う時に利用できるサービス。基本的には、ローン会社と病院・クリニック側が提携、審査のうえ利用することが可能)など、いろいろな支払い方法があります。

なによりドクターのテクニックが重要

削皮治療では費用も気になりますが、やはりクリニックのレベルやスタッフの技術力も見ておく必要があります。

「安かろう悪かろう」とはいいませんが、「他の医療機関に比べて費用が安すぎる」、また「カウンセリングに行ったら追加料金を提示された」といったところには、注意が必要かもしれません。

⇒ 削皮治療を行うおすすめのクリニックをチェック!

 
ページの先頭へ ▲
免責事項:
このサイトで紹介しているさまざまな情報は、すべて個人で調査したものです。提供施術が変わることも予想されますので、正確な情報につきましては、必ず各クリニックの公式ページをご確認ください。【2016年2月】