知っとき隊!新旧の刺青除去法を徹底比較!

最新の刺青除去施術「ピコレーザー」をはじめとする美容外科の手法を一挙紹介

刺青除去の治療方法ガイド HOME » 削皮治療ってどんなもの?【刺青治療】 » メリット&デメリット

メリット&デメリット

ここでは、刺青・タトゥー除去をする治療のうち、削皮治療をとりあげ、メリットとデメリットを解説しています。

削皮治療は腕の良い先生にかかることが重要

刺青、タトゥー除去の「削皮治療(アブレージョン・剥削法)」は、手術によって部位の皮膚表面を削る治療法です。

では、そのメリットとデメリットはどのようなものでしょうか。

削皮治療のメリット

「削皮法」のもっとも大きなメリットは、レーザー治療では除去が難しい、赤や黄色などの色が使われている刺青やタトゥーにも対応することができる点でしょう。

また、1回の治療で効果を得られるため、急いで刺青やタトゥーを消したいという人にも適しています。

なお、削皮法はレーザー治療と組み合わせて行うこともあります。削皮法で墨を薄くした後でレーザーを併用すると、消すのが困難な刺青やタトゥーを取り除くことができるのです。

削皮治療のデメリット

「削皮法」のデメリットは、やはりスキルや経験に乏しく、削皮に慣れていないドクターが的確な治療を行わなかった時に起こるトラブルといえます。

皮膚の削除が浅すぎるとタトゥーが残ってしまい、また深く削りすぎると治癒が遅く、傷跡がケロイド状になってしまうからです。

このような結果に陥らないためにも、医療機関やクリニック選びは慎重に行うようにしてください。

「料金が安い」など、目先の条件に飛びつかず、複数の病院やドクターに相談することが大切です。

広範囲に施術できるがリスクも高い削皮治療

削皮治療では、刺青やタトゥー自体は消すことができ、比較的広範囲のデザインにも対応しますが、火傷のような跡が残ることもあります。

「削皮治療」で気を付けたいのは、担当するドクターの技術力によって、仕上がりや術後の経過に大きな差がつくという点です。

削皮治療では、墨の入っている部分をなるべく薄く削らなくてはなりません。

しかし、技術が未熟、削皮治療の経験が少ないドクターの場合、削りすぎてしまうなど、かえって患部や体へ負担をかけてしまうことがあります。

なお、削皮治療のダウンタイムですが、約2週間で傷が安定してきます。これ以上かかる場合には注意が必要です。

なお、術後の経過が思わしくないなどのトラブルが起きた際は、削皮治療を行った医療機関やクリニックに問い合わせ、相談をしてください。

「見た目がひどいケロイド状になっている」「ツッパリ感や痛み、かゆみ」があるという症状を確認したら、すぐに病院に行く必要があります。

場合によっては、無料修正などが可能なこともありますので、アフターケアについては、治療を受ける前に確認することをおすすめします。

⇒ 削皮治療を行うおすすめのクリニックをチェック!

 
ページの先頭へ ▲
免責事項:
このサイトで紹介しているさまざまな情報は、すべて個人で調査したものです。提供施術が変わることも予想されますので、正確な情報につきましては、必ず各クリニックの公式ページをご確認ください。【2016年2月】