知っとき隊!新旧の刺青除去法を徹底比較!

最新の刺青除去施術「ピコレーザー」をはじめとする美容外科の手法を一挙紹介

刺青除去の治療方法ガイド HOME » 関西(大阪)のタトゥー除去クリニックリスト

関西(大阪)のタトゥー除去クリニックリスト

大阪を中心に、関西地区で評判の高い刺青・タトゥーの治療を行うクリニックを紹介します。

刺青除去治療の種類

美容皮膚科で刺青・タトゥーの除去ができる方法は、「レーザー治療」「切除治療」「皮膚移植手術」「削皮治療」の4種類。それぞれの治療方法についてメリット・デメリットなどを紹介しているので、チェックしてください。

レーザー治療

レーザー治療は、刺青・タトゥーに使用されるインクや墨に熱を与え、色素を破壊することで除去できる施術です。施術はQスイッチルビーレーザーやQスイッチヤグレーザー、アレキサンドライトレーザーなどの医療レーザーを利用。1回の治療で完全な除去は難しいため、何ヶ月かおきに複数回治療を行って刺青・タトゥーを薄くしていきます。1~2年ほどの期間で4~8回通院して治療にあたることが多いようです。

●レーザー治療のメリット

  • 黒やそれに近い濃い色に対応できる
  • 傷あとを残すことなく除去できる
  • 小さな刺青やタトゥーに効果的
  • 範囲の広い刺青・タトゥーにも対応可能
  • 施術時の痛みが他の施術より少なくて済む
  • 「ピコレーザー」は従来のレーザーでは反応しにくかった青や緑、紫にも対応できる
  • 治療後の回復が他の施術よりも早い

●レーザー治療のデメリット

  • 治療の完了に時間がかかる
  • 刺青・タトゥーが完全に除去できないことがある
  • 明るい色の色素(特に赤や黄色)に反応しにくい
  • レーザー照射を何度も行うと反応が悪くなり、効果が出にくい場合がある
  • 火傷や火傷あとができる

切除治療

切除治療は刺青・タトゥーの入った箇所を皮膚ごと切り取り、両側を縫い合わせる手術です。切除治療に適した切除する皮膚の長さは、お腹であれば皮膚が余分にあり伸びやすいので4~5㎝程度、上腕は2~3㎝ほどと言われています。小さいデザインの刺青・タトゥーは最短1回で切除可能です。デザインが大きいと医師の判断により手術を複数回行うことも。複数回の切除を行う分割切除は皮膚が伸びにくい部位に適していると言えます。次の手術を行う時は、皮膚に余裕が出てくる約4~6ヶ月の時間が必要です。

●切除治療のメリット

  • カラフルなタトゥーでも完全な切除が可能
  • 費用の総額があらかじめ把握できる
  • 小さなタトゥーなら1回で完全に切除できる

●切除治療のデメリット

  • 手術で切り取った箇所が傷跡として残ってしまう
  • 余分な皮膚がない箇所には施術不可能
  • 分割切除の場合や抜糸、経過観察に伴う通院のため、治療に時間がかかる

皮膚移植手術

皮膚移植手術は刺青・タトゥーの入った皮膚を手術で取り除き、タトゥー・刺青のない部分の皮膚を採取して移植する方法。皮膚の移植には「全層植皮」「分層植皮」の2種類があります。全層植皮は採取する皮膚を表皮から真皮まで厚く切り取って移植する方法です。分層植皮は表皮と真皮の浅い部分を薄く削って皮膚を採取します。全層植皮だと広い範囲の皮膚を切り取れず、皮膚移植後の生着率が低いため、刺青・タトゥーの除去には基本的に分層植皮を行う場合がほとんどです。また、分層植皮は「シート植皮」「パッチ植皮」「メッシュ植皮」の3つに分類されています。入院施設のないクリニックでは手術の成功率と安全性を重要視しており、皮膚の生着率が最も良いメッシュ植皮を刺青・タトゥーの除去治療に用いることが多いようです。

●皮膚移植手術のメリット

  • 多色の刺青やカラータトゥーに対応可能
  • 大きめの刺青・タトゥーにも対応できる

●皮膚移植手術のデメリット

  • 刺青・タトゥーを除去した箇所に手術の傷あとが残る
  • 縫合した箇所の境界線が目立つ
  • 移植に使った皮膚を採取した部分にも傷あとが残る
  • 移植した皮膚がうまく生着せずに壊死してしまった場合は再手術する必要がある
  • 生着率の良いメッシュ植皮でも傷あとがウロコ状になりやすい

削皮治療

削皮治療は刺青・タトゥーの入った箇所の皮膚を削り取る手術法です。皮膚に入り込んだ刺青・タトゥーの約90%を削り取ることができます。なるべく薄く削ることで施術部位や体への負担を減らすことも可能です。刺青・タトゥーを削り取った部分に新しい皮膚が再生されるまでしばらく赤みが続き、2~3ヶ月経つと火傷のような傷あとに。さらに時間が経つと目立たなくなっていきますが、傷が消えることはありません。ただし、注射などで目立たなくすることは可能です。

●削皮治療のメリット

  • レーザー治療では除去の難しい赤や黄色などの色が入った刺青・タトゥーにも対応できる
  • レーザー治療と併用することで、皮膚深層まで色素が達していて消すのが難しい刺青・タトゥーも除去可能

●削皮治療のデメリット

  • 施術担当のドクターがスキルや経験に乏しく、的確な治療が行われなかった時にトラブルが起こりやすい
  • 削った皮膚の部分が浅すぎると刺青・タトゥーが残ってしまう
  • 深く削りすぎると傷の治りが遅くなり、傷あとがケロイド状になる場合がある

大阪エリアで評判のタトゥー除去クリニック

東京に並ぶ大都市圏の大阪では、タトゥー除去についても最新の技術で対応できるところがいくつかあります。ここでは、代表的なクリニックをピックアップして紹介いたしますので、ご希望の施術をしてくれるクリニックを探してみてください。

大阪雅美容外科 対応可能の施術 ●ピコレーザー(レーザー治療)
従来のレーザーよりも短時間で刺青を切除でき、施術の痛みを軽減できます。カラフルな刺青も切除OK。
●切除術
小さいデザインの刺青・タトゥーなら最短1回で完全除去でき、大きさによっては何回かに分けて手術。場合によっては傷あとが薄く残ります。
●植皮術
刺青・タトゥーの入っている皮膚を剥がして、健康な部位から採取した皮膚を移植する施術です。切除術で消せない広範囲の刺青除去や、急いで除去したい方におすすめ。
●削皮術
広範囲の刺青に対応する施術。ピコレーザーと組み合わせた施術もできます。
費用相場 ●ピコレーザー…66,000円~(100cm2・1回照射)
●切除術…50,000円~
●植皮術…400,000円~
●削皮術…200,000円~
住所 〒542-0086
大阪府大阪市中央区西心斎橋2-1-25 心斎橋W-PLACE 3F
診療時間 10:00~19:00
マップ
たにまちクリニック 対応可能の施術 ●切除法
小さく狭い範囲のタトゥーを切除したい方におすすめの施術。絵柄の幅により数度に分けて除去することもあります。
●皮弁法
タトゥーを切り取り、隣の皮膚をずらして被せる形成外科手術法。傷あとが目立ちにくいですが、施術を行える部位は上腕などに限られています。
●植皮法
経験を積んだ形成外科医でないと難しい施術です。大きなタトゥーを除去したい方におすすめ。
●レーザー治療
Qスイッチルビーレーザーを使用してタトゥー除去を行います。黄色と緑色には反応しないため、この色を使ったタトゥーには不向きです。
●タトゥーアウェイ
色素を薄める薬剤を注入して、少しずつタトゥーを取り除きます。
費用相場 ●切除法…368,000円(91~120cm2)
●皮弁法…各切除法基本料金+108,000円
●植皮法…各切除法基本料金+168,000円~(※面積により異なる)
●レーザー治療…26,000円(5cm2以下)
●タトゥーアウェイ…123,000円(91~120cm2)
住所 〒543-0071
大阪府大阪市天王寺区生玉町1-30 生玉ビル8F
診療時間 10:00~13:00/14:00~19:00
マップ
銀座みゆき通り美容外科 大阪院 対応可能の施術 ●ピコシュアーレーザー(レーザー治療)
ピコシュアーレーザーを使用することで、刺青のほぼすべての色素を除去できます。実際に照射の必要な面積をカウンセリングで詳細に計測。これにより通常より低価格での治療を実現しているそうです。
費用相場 ピコシュアーレーザー…51,000円(51~100cm2)
住所 〒530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-10-8 山中ビル8F
診療時間 10:00~20:00
マップ
大阪梅田中央クリニック美容外科 対応可能の施術 ●レーザー治療
レーザー治療は「QスイッチYAGレーザー」を導入しています。1回では除去が難しいため、2~3ヶ月おきに5回前後のレーザー照射が必要です。
●削除法
刺青のある部分の皮膚を切り取って縫い合わせる方法。すぐに切除したい場合や、小さめでレーザーに反応しにくい色彩の刺青に有効です。
●皮膚剥削法(アブレーション)
刺青が入った皮膚の表面を削っていく方法です。色の種類や大きさに関係なく1度で刺青を除去できます。
●皮膚剥削法+皮膚移植手法
皮膚剥削法で削り取った皮膚の上に、色素の入っていない正常な皮膚を移植する施術。
費用相場 ●レーザー治療…1,500円(直径1mm)
●削除法…12,000円(直径1mm)
●皮膚剥削法…12,000円(直径1mm)
●皮膚剥削法+皮膚移植手法…要問合せ
住所 〒530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-5-12 備後屋ビル5F
診療時間 10:00~18:00
マップ
きぬがさクリニック 対応可能の施術 ●ピコレーザー(レーザー治療)
大阪院では従来のピコよりも2倍から4倍のパワーで照射できる「ディスカバリーPico」を採用。黒系だけでなく、赤・オレンジ・黄にも反応するため、カラータトゥーの治療が可能です。
●切除術
タトゥーが細長く小さい範囲のものであれば1度で切除可能。範囲が広い場合や皮膚のゆとりがない部位の場合は2回以上に分けて切除します。
費用相場 ●ピコレーザー…65,800円(51~100cm2)
●切除術…91,000円(~5cm・単純切除法)
住所 〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波4-7-6 R2ビル1・2・3・4・5F
診療時間 10:00~19:00
マップ
浜口クリニック天王寺 対応可能の施術 ●レーザー治療
Qスイッチルビーレーザーを導入して施術を行っています。黒以外の色はレーザーが反応せず除去が難しい場合も。
●切除術
手術による刺青の削除または切除を実施。施術は梅田院院長の浜口医師が対応しています。
費用相場 ●レーザー治療…30,000円~(25cm2・1回照射)
●切除術…80,000円~(長さ5㎝程度)
住所 〒543-0055
大阪府大阪市天王寺区悲田院町10-48 天王寺MIOプラザ館6F
診療時間 10:00~13:00/14:00~19:00
マップ
湘南美容外科梅田院 対応可能の施術 ●レーザー治療
QスイッチNa-YAGレーザー(スペクトラ・ヘリオス・ルビーレーザー)の光を照射して刺青を除去する施術です。
●単純切除術
タトゥーが入っている皮膚を切り取って縫い合わせる方法です。広範囲の刺青を除去したい方や早く除去したい方におすすめ。
●クイックリムーブ法
タトゥーの入っている箇所の皮膚を剥がして皮膚の再生を待つ方法です。手術の傷あとを自然な形に戻すことができます。梅田院では田中医師のみ可能な手術です。
費用相場 ●レーザー治療…75,000円(51~100cm2)
●単純切除術…51,030円(切除範囲長径2cmまで)頭頚部・前腕・手背・下腿・足背の場合
●クイックリムーブ法…194,400円(25cm2)
住所 〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-9-20 大阪マルビル5F
診療時間 10:00~19:00
マップ
大阪刺青除去センター 対応可能の施術 ●QスイッチYAGレーザーマシン
最新の Q スイッチ YAG レーザーマシンを採用して、体への負担を大幅に軽減した施術です。大阪市内でこちらのクリニックより安いところがあれば、その料金で施術を行ってくれます。施術時間は名刺サイズ(5㎝×9㎝)で10分ほどです。
費用相場 ●QスイッチYAGレーザーマシン…要問合せ
住所 〒542-0085
大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-10-11 敬和ビルルフレ21 10F
診療時間 10:00~20:00
マップ
美容皮膚科・皮膚科みきなクリニック 対応可能の施術 ●レーザー治療
Qスイッチレーザーを使用して、タトゥーや刺青の色を薄くしていく施術です。
●切除術
タトゥー・刺青の入った箇所の皮膚を切り取り、縫い合わせていく施術です。範囲や部位により何度か分割して切除を行う場合も。傷あとが線になるので目立ちにくくなります。
●削皮法・レーザー治療
削皮法とレーザー治療をダブルで行います。タトゥーの色素が入った皮膚を削り取りながら残った染料にレーザーを照射。タトゥーの除去を効果的に行える施術法です。
費用相場 ●レーザー治療…30,000円(25 cm2)
●切除術…70,000円(25 cm2)
住所 〒533-0033
大阪府大阪市東淀川区東中島1-7-17 リセラビル2F
診療時間 10:00~19:00
マップ
クリニーク大阪心斎橋 対応可能の施術 ●レーザー治療
黒のタトゥーに効果の高いQスイッチヤグレーザーによる施術です。傷あとが残るリスクが少なく、切除が難しい部位でも除去できます。
●スキンリバース法
刺青・タトゥーの入った皮膚の表面をはぎ取って、再び皮膚が再生され上皮化するのを待つ施術。削皮法と同じ施術です。施術が上手くいけば通院は1回でOK。
●切除術
刺青部分の皮膚を切り取って完全に刺青を消すことができる手術。縫合痕は残りますが、目立たなくすることは可能です。
●タトゥーアウェイ
タトゥーアウェイという装置を用いてタトゥーの色素を取り除く施術です。黒だけでなくカラフルなタトゥーにも対応でき、切除術やスキンリバース法との組み合わせが可能。
費用相場 ●レーザー治療…19,800円(はがき1/2サイズまで・1回照射)
●スキンリバース法…195,000円(25 cm2あたり・1回)
●切除術…235,000円(30 cm2あたり・初回)
●タトゥーアウェイ…55,000円(~30 cm2・1回)
住所 〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3-12-3 心斎橋セントビル5F
診療時間 10:00~19:00
マップ
心斎橋コムロ美容外科クリニック 対応可能の施術 ●レーザー治療
最新機器であるQスイッチYAGレーザーを使用して、タトゥー除去を行う施術。刺青の入っている部位・大きさ・色・墨汁かインクかにより治療回数や治療の可否を判断します。
●切除術
メスを使ってタトゥーを除去する手術です。
心斎橋コムロ美容外科クリニックでは2種類の施術を組み合わせてタトゥーの除去を行います。
費用相場 ●レーザー治療…500円(1ショット)
●切除術…20,000円~
住所 〒542-0085
大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-10-11 ルフレ21 8F
診療時間 9:00~19:00
マップ

大阪のクリニックの特徴とは?

大阪は東京に次ぐ大都市なだけあって、医療分野でも最先端技術の投入の早い地区と言えます。美容クリニックでも同様、最新の術法やマシンが続々投入されています。今回の特集でもある刺青除去施術で近年注目されているのは、レーザー治療でつかうマシン、「ピコレーザー」の登場です。

これまでのレーザー治療は、「傷がつかない」「手術に比べて痛みが少ない」「手術より初期費用が安い」というメリットがある反面、長く続けなければ除去効果が弱いことや、一定の色に反応する傾向があり、多色の刺青やタトゥーの除去が難しいといったデメリットも目立ちました。ところがピコレーザーは、レーザーの長所を残しつつ、これまでデメリットとされてきた点を覆す、画期的なマシーンなのです。

その最新マシンを導入しているクリニックは、2016年2月の時点では全国でもまだ少なく、新しもの好きの街、大阪でもそれほど多くは存在しません。今回ピックアップした6院のうち、4院が導入済みのクリニックとなります。

⇒ レーザー治療を得意とする刺青除去対応のクリニックをチェックする

たとえば、刺青除去の施術で国内トップクラスの症例数を謳う「大阪雅美容外科」は、もちろん、切開治療、皮膚移植手術、削皮治療の外科的治療も行ううえ、レーザー治療に関しては、旧来のレーザーをすべてピコレーザーに切り替えており、メスを入れる治療に比べて肌の傷が浅いレーザー治療を積極的に採用しています。また、ピコレーザーと外科的治療との組み合わせ施術にも応じてくれるので、治療の幅はかなり広いと言えるでしょう。

大手の中央クリニックのチェーンである「大阪梅田中央美容クリニック」は、グループ全体で積極的にピコレーザーを導入しているようです。刺青除去のメニュー自体も、通常のレーザー治療のほか、外科的手法の切開治療、皮膚移植手術、削皮治療に対応しています。また、入れ墨の状態によっては、それぞれの施術の組み合わせにも応じるとのこと。

「きぬがさクリニック」も、ピコレーザーの導入に加え、複数の刺青除去施術を用意し、組み合わせの施術に対応していますが、皮膚移植法のみ未対応です。

また、「銀座みゆき通り美容外科 大阪院」は、本院の銀座院とともにピコレーザーを導入しています。ただしこちらは、ピコレーザー以外の施術はありませんので、刺青除去治療はレーザーで対応できる範囲となります。

ピコレーザーは未導入のものの、「たにまちクリニック」は刺青除去の専門サイトを立ち上げるほど力を入れています。このクリニックの特色は「タトゥーアウェイ」という、ほかではあまり見られない、薬剤注入で刺青を薄くする手法でしょう。

「浜口クリニック天王寺」もピコレーザーは未導入ですが、レーザー治療と切除治療の2種類に対応しており、女性院長のきめ細やかな配慮への評判が高いクリニックです。

このように、クリニックによって施術の方法はさまざまです。まずはカウンセリングを受けて自分の希望にあった治療をしてくれるかどうかを見極め、後悔のないクリニック選びをしてください。

⇒ 大阪で刺青除去が評判のクリニックをチェックする

 
ページの先頭へ ▲
免責事項:
このサイトで紹介しているさまざまな情報は、すべて個人で調査したものです。提供施術が変わることも予想されますので、正確な情報につきましては、必ず各クリニックの公式ページをご確認ください。【2016年2月】