知っとき隊!新旧の刺青除去法を徹底比較!

最新の刺青除去施術「ピコレーザー」をはじめとする美容外科の手法を一挙紹介

刺青除去の治療方法ガイド HOME » 刺青除去の前に知っておきたい基礎知識 » 妊娠中は刺青除去できる?妊婦への影響とは

妊娠中は刺青除去できる?妊婦への影響とは

妊娠中や授乳中に刺青除去したくなっても、母体や赤ちゃんへの影響が気になります。実際に妊娠中に刺青除去するのは、どのようなリスクがあるのでしょうか。また、どのタイミングで手術をおこなうのがベストなのでしょうか。

 

妊娠中に刺青除去を決意する時

妊娠中や授乳中は刺青除去の欲求が高まりやすい時です。仕事をしていた女性にとっては長期の休暇に入るので、クリニックまで通院したり手術を受けたりする時間的な余裕ができます。

また、刺青があるとプールや温泉などの入場を断られてしまいます。たとえ海水浴でも、人目に触れると子どもが気にするかもしれません。親子の交流を楽しめないだけでなく、子どもが周囲から何かを言われる可能性も考えられます。余裕がある時に、子どもが大きくなる前に刺青除去したいと考えるのは、決して不自然ではありません。

妊娠中の刺青除去を断られる理由とリスク

ただし、多くのクリニックでは妊娠中の刺青除去を断っています。これはレーザー・皮膚切除・皮膚移植・削皮のいずれも同じであり、除去する刺青の大小や場所も関係ありません。お腹周りから離れていてもです。

まず、妊娠中の女性の体はとても不安定です。ホルモンバランスの乱れによって、急につわりなど思いがけない変調をきたす恐れがあります。お腹が大きくなると長時間手術台で同じ姿勢を取るのも苦痛です。何らかのトラブルが発生して最後まで手術を遂行できないかもしれません。また、刺青除去の精神的な負担からマタニティーブルーになる場合もあります。

さらに、流産のリスクも高まります。刺青の除去はどの方法でも痛みを伴います。

こうした痛みは心身にショックを与え、母体や赤ちゃんへのストレスになります。万が一刺青除去が原因で流産してもクリニックでは責任を取れません。

薬物の影響も懸念されます。刺青除去の手術では痛みを軽減するために麻酔を使いますが、 その中にはめまいや吐き気、アレルギーなどの副作用を引き起こすものがあります。

注射自体も大きなストレスです。塗り薬でも体内に吸収されるので油断はできません。妊娠初期から中期にかけては赤ちゃんへの負担になる可能性もあります。

妊娠中の不調には個人差があり、健康であれば刺青除去をおこなっても問題ないと判断しがちです。妊娠初期など申告せずクリニックにバレなければ、手術にゴーサインを出すところもあるでしょう。ただし何かあっても自己責任ですから、赤ちゃんのことを考えると妊娠中は刺青除去をしないのが一番です。

もし治療中に妊娠した場合は、クリニックに相談すると一時的に治療を中断するなど考慮してくれます。そして出産後に再開するのです。

出産後もできない?

では、出産後なら心置きなく刺青除去できるのでしょうか?答えはNOです。クリニックによっては授乳中も避けるべきだと考えています。どちらかといえば、母体よりも赤ちゃんへの影響が大きいようです。

出産後は授乳によって赤ちゃんを育てるのが一般的です。ところが刺青除去の痛みによって母体にストレスが生じ、母乳の分泌が悪くなってしまう可能性があります。

もちろん、麻酔や塗り薬、抗生物質などが母乳の成分に混ざって赤ちゃんが吸収するかもしれません。手術するために断乳するのは赤ちゃんの気持ちを考えると以ての外です。

また、刺青除去は手術後、傷が治るまでに入浴など生活が制限されたり、痛みや発熱に悩まされたりします。

さらに完治してもひきつれやケロイド、しびれなどの後遺症が残る場合もあります。とても子育てどころではありませんし、刺青除去したのが腕なら赤ちゃんを抱き上げるのが苦痛になってしまいます。

これは何年経っても解消できるものではありません。生後は3~4㎏だった赤ちゃんも半年後には6~9㎏まで成長します。

赤ちゃんにとってスキンシップは成長ホルモンの分泌やコミュニケーション能力の形成につながり、特に3歳までは欠かせません。刺青除去のせいで満足なスキンシップができなかったら親子共に不幸です。授乳中も刺青除去を断るクリニックの多くは卒乳を機に治療を再開しますが、可能な限り子育てを優先するべきでしょう。

刺青を隠すという選択

刺青は除去しなくても「隠す」という方法があります。例えば「シール」です。刺青の上に貼って隠します。高価なものは水に濡れてもはがれません。一方で肌の色に合わなくて却って目立ってしまったり、体質によっては糊でかぶれたりするのが難点です。広範囲の刺青を隠すのも向いていません。

コンシーラーやドウランなどを肌に塗って隠す方法もあります。時間はかかりますが上手に塗れば自然に隠せます。ウォータープルーフ仕様なら温泉やプールでも落ちにくいでしょう。その代わり1回あたりのコストが他の方法よりも高く、その割に効果が短いのが悩ましいところです。

サポーターなら身につけるだけで簡単に刺青を隠せて、何回でも繰り返し使えます。手軽でコストも低いのが魅力です。腕や首元なら日焼け防止に付けているように思われますし、肌色のサポーターもあります。ただし、赤ちゃんの動きによってずれやすいところは要注意です。

長い目で見ると除去手術をした方が安上がりになる場合もありますが、毎日隠す必要が無ければ金銭的な負担が少なくて手軽です。何よりも体を傷つけて赤ちゃんにまで影響を及ぼす心配がありません。

妊娠中に刺青除去はできるの?

本来であれば、結婚を意識した時点で刺青除去するのが望ましいでしょう。刺青があると相手方の家族に反対されたり、刺青の場所によってはウエディングドレスを着るのも躊躇われたりするでしょう。

ただし、妊娠してから結婚を決意する場合もあります。また先述のとおり妊娠中に刺青除去したくなる場合もあります。

いずれも無理に除去を急いで母体や赤ちゃんに負担をかけるよりも、無事出産して子育てが一段落してからおこなうのが理想です。早くても卒乳後、できれば3歳を過ぎて親離れができてからの方がいいでしょう。子どもの物心がつく前なら刺青があったことも記憶に残らないかもしれません。

妊娠中や授乳中に刺青除去するのは多くのリスクを伴います。母体や赤ちゃんへの影響はもちろん、そもそも手術に耐えられない恐れがあります。無事に出産できてからでも授乳やスキンシップなど子育ての支障になるでしょう。

いずれ結婚して出産する意向があるなら、長期にわたって刺青除去する計画を立てるのが理想です。妊娠中に思い立っても、他の方法で隠して子育てが一段落するまで待ちましょう。

 
ページの先頭へ ▲
免責事項:
このサイトで紹介しているさまざまな情報は、すべて個人で調査したものです。提供施術が変わることも予想されますので、正確な情報につきましては、必ず各クリニックの公式ページをご確認ください。【2016年2月】