知っとき隊!新旧の刺青除去法を徹底比較!

最新の刺青除去施術「ピコレーザー」をはじめとする美容外科の手法を一挙紹介

刺青除去の治療方法ガイド HOME » 刺青除去の前に知っておきたい基礎知識 » 刺青除去に伴う傷跡

刺青除去に伴う傷跡

肌の刺青を除去するときには、少なからず傷跡が残ってしまうもの。露出が多い部分なら、人目につくことも考えなければなりません。刺青除去後の傷跡は、除去する際の治療方法によって異なります。ここでは、レーザーや切除治療をはじめ各治療方法に伴う傷跡についてまとめているので、参考にしてみてください。

レーザー治療 による刺青除去の傷跡

刺青をレーザー治療で除去した場合、治療後の傷跡は他の方法に比べて最も軽く済むと言えます。傷と言ってもレーザーを使用することで生じる火傷跡に近いもの。刺青の色素を分解して取り除く方法なので、切除や削皮と違い皮膚を大きく傷つけることはありません。

レーザーを照射した直後の皮膚は一瞬白くなったあと、だんだんと赤黒く変化。使用するレーザーによっては内出血を伴うこともありますが、次第に落ち着きます。照射当日から1~2週間の間に赤黒いかさぶた状の皮膚がはがれ、ピンクの肌が。この期間、肌はデリケートな状態にあるので、肌トラブルを起こさないように日焼け対策や保湿ケアを行う必要があります。

照射から1ヵ月後にはほとんどのかさぶたがはがれ落ち、照射から2~3ヵ月後にはだいぶ皮膚が落ち着くでしょう。皮膚が落ち着いたら、2回目のレーザー照射が可能です。

切除治療による刺青除去の傷跡

皮膚を刺青のデザインに合わせて切り取る切除治療。皮膚を除去したあとは皮膚同士を寄せて縫い合わせるので、「手術創」という傷跡ができます。

切除治療後の皮膚は敏感。切除した部位や大きさによって異なりますが、皮膚が落ち着くまで約6~12ヵ月ほどかかると考えたほうがいいでしょう。日焼け・色素沈着を生じやすいこともあり、3ヵ月程度はテープや薬を使って保護が必要。紫外線をはじめとした外部の刺激から肌を守らなければなりません。保湿もかかさず行いましょう。クリニックによっては「真皮縫合(皮膚の内側を縫い合わせる方法)」のように高度な縫合法を用いてできる限り傷口が目立たないようにしているところも。ただ、専門的な技術が高くても傷跡はどうしても残ってしまいます。

植皮治療による刺青除去の傷跡

植皮治療は、刺青が入っていない部分から皮膚を採取して刺青部分に移植する施術法。植皮を行うので、刺青が入っている部分はもちろん、皮膚を採取した部分についても傷跡が残ります。そのため、刺青のサイズが大きい場合はよく考えなければなりません。どこの皮膚を採取するかは相談のうえ決まりますが、太もものように普段目につかないところが一般的です。

皮膚移植には「全層植皮」「分層植皮」があります。全層植皮は表皮・真皮の両方を厚めに切り取って移植する方法。分層植皮は表皮と真皮の浅い部分を植えるもので、皮膚を薄く削って採取します。

全層植皮を行う場合は、太ももの付け根に線上の長い傷跡が。分層植皮だと、植皮部分に比べてやや大きめの傷跡ができます。また分層植皮だと黒く盛り上がる傷跡になりやすい特徴も。

削皮治療による刺青除去の傷跡

削皮による刺青除去後は、擦り傷に似た状態になります。施術自体は麻酔を使用するので痛みの心配はありませんが、麻酔が切れたあとは痛みがしばらく続くでしょう。施術から3~4日程度は出血だけでなく浸出液が分泌されます。浸出液とは傷口の感染予防、湿潤環境を保つための重要な成分のこと。傷口がジクジクしても心配はいりません。

浸出液の分泌がおさまったあと、1ヵ月程度は傷口が湿った状態が続きます。検診で問題がなければ入浴もOKです。痛みが気にならなければ傷口を洗ったり石けんを使ったりしても問題ありません。

施術から1~3ヵ月経つと少しずつ新しい皮膚が再生され、皮膚の表面が乾燥し始めます。このとき、擦らないように十分注意が必要です。

3~6ヵ月後には赤みが薄れて、傷がなじんでくるのがわかるでしょう。火傷に似た跡は月日の経過とともにだんだんと落ち着いてきます。

傷跡を残さない刺青除去とは?

刺青除去を行う場合、選択肢はさまざま。一刻も早く消したい場合は切除治療のように施術そのものが1回で済む治療方法を選ぶのもアリでしょう。ですが、「傷跡を残さない除去方法」を重視するならおすすめはレーザー治療です。

繰り返し治療を受けることで効果を発揮する方法なので、ある程度の期間は必要です。ですが、軽めの傷跡で済むことやダウンタイムの短さ、他の治療に比べて痛みが抑えられることなどレーザー治療のメリットは大きいと言えます。

注目が集まる「ピコレーザー」

レーザー治療の中でも高い注目が集まっているのが「ピコレーザー」です。従来のレーザーは黒い色素にだけ反応していましたが、青・緑・紫などのカラー色素にも反応。黒い色素に対しては、より高い効果も期待できます。

微細な粒子の破壊が可能なピコレーザーは、従来のレーザー治療では除去できなかった刺青に対応できると言われ、深く入った刺青についても効果はバツグン。刺青除去後の皮膚は、正常な皮膚へ生まれ変わります。1回の治療効果が高いことから、除去までのトータル治療回数を減らせることも魅力的。通院期間の短縮が可能です。

さらに照射時間が短いこともあり、肌へのダメージは軽減。肌の状態をキレイに保ったまま色素を抜きたい方に向いている治療法と言えます。

刺青の除去をするとき、大切な肌に傷がついてしまうのは避けられないこと。ただ、治療法によっては最小限に抑えることもできます。選択肢はさまざまですが、後々のことも考慮しながら後悔のない判断をしてくださいね。

 
ページの先頭へ ▲
免責事項:
このサイトで紹介しているさまざまな情報は、すべて個人で調査したものです。提供施術が変わることも予想されますので、正確な情報につきましては、必ず各クリニックの公式ページをご確認ください。【2016年2月】