知っとき隊!新旧の刺青除去法を徹底比較!

最新の刺青除去施術「ピコレーザー」をはじめとする美容外科の手法を一挙紹介

刺青除去の治療方法ガイド HOME » タトゥーの後悔談

タトゥーの後悔談

実際にタトゥーを入れた人の多くが後悔していると、データによって明らかになっています。男性は46.7%、女性は35.7%と、多くの割合を占めています。中でも目立った理由は、若い頃の感性に身を任せてしまったことでした。

若い頃、「カッコいい」と思って入れたタトゥーが、年齢とともに「はずかしい」に変わっていったというパターンです。当時はタトゥーを入れたリスクを一生背負う覚悟などはなく、先の人生のことなどまったく考えなかった軽率さを悔やむ声が聞こえました。

また子育てに支障が出てしまう、仕事中は隠さなければならない、ノースリーブの服が着られない、スポーツジムに入会できない…と、肩身の狭い思いをしているのも、タトゥーを後悔する理由のひとつになっているようです。

今は大丈夫でも「今後タトゥーを後悔するかもしれない」割合は、男性26.7%、女性7.1%を占めており、全体で14%を占めています。就職、結婚、子育て…などのイベントが待っており、タトゥーがあることによって悪影響を与えてしまう可能性があることを予測している方もいるようです。

「後悔している」人の合計39.5%と「今後後悔するかもしれない」14%を合せると、なんと53.5%と半数以上が後悔している、または後悔に値するかもしれないことがうかがいしれます。

タトゥーを入れる前に後悔する可能性があることに気づけばいいのですが、若い頃はそういかないのかもしれません。では実際にどのようなシーンでタトゥーを入れたことを後悔しているのか、体験談をもとにご紹介しましょう。

 
ページの先頭へ ▲
免責事項:
このサイトで紹介しているさまざまな情報は、すべて個人で調査したものです。提供施術が変わることも予想されますので、正確な情報につきましては、必ず各クリニックの公式ページをご確認ください。【2016年2月】