知っとき隊!新旧の刺青除去法を徹底比較!

最新の刺青除去施術「ピコレーザー」をはじめとする美容外科の手法を一挙紹介

刺青除去の治療方法ガイド HOME » タイプ別に見るタトゥー除去 » カラータトゥーの除去

カラータトゥーの除去

いろいろな色を使って描かれているカラータトゥーは、女性に大人気です。特にパステルカラーが人気で、黒一色と比較すると断然かわいらしく仕上がりますが、レーザー治療では消しにくいデメリットがあります。ここではカラータトゥーを除去する方法をご紹介します。

カラータトゥーのタトゥーを消すには

黒一色のタトゥーとは違い、カラータトゥーは一般のタトゥー除去治療で使用するヤグレーザーでは消しにくいという特徴があります。カラータトゥーの除去を行うのなら、切除法、削皮法などの施術が必要になります。

最近ではピコレーザーも登場し、ヤグレーザーでは反応しないパステルカラーや赤、黄色などの色墨も薄くすることが可能になりました。短時間で色素を破壊するため痛みが少ないのが特徴です。また肌ダメージも少ないので、ヤグレーザーと比較しても美しい仕上がりが期待できますよ。女性にはうれしい特典だと言えます。

ただピコレーザーを含むレーザーのタトゥー除去施術は、複数回繰り返さなければならないデメリットがあります。

切除法の魅力は1度のタトゥー除去施術で確実に消せる、削皮法は色が入っている皮膚を削って施術できることです。皮膚を切ったり削ったりしないレーザー施術と比較するとダウンタイムや痛み、傷が残るなどのデメリットがありますが、1回で完全に除去できる魅力があります。

治療の期間

カラータトゥーが入っている皮膚の深さや色によってピコレーザーによる施術期間は変わってきます。確実なのはヤグレーザーのおおよそ半分くらいの回数で済むことでしょう。比例してそのぶんの施術期間も短くなってきます。また肌にやさしいので施術間隔も短くなるため、期間の短縮にもつながってくるでしょう。

そもそもピコレーザーはヤグレーザーと比較してカラータトゥーの除去効果が高いため、少ない回数と期間で完了します。ただレーザー施術になるので、最低でも平均3回は施術を繰り返さなければならず、6ヶ月はかかることを予測しておいたほうが無難でしょう。

もっとも早くタトゥーを除去したいのであれば切除法や削皮法がおすすめです。早ければたった1回の施術で治療が完了するほどスピーディです。広範囲になってしまうと数回繰り返さなければなりませんが、レーザー治療と比較すると圧倒的な短期間で完了しますよ。

切除法はタトゥーの入った部分を切り取って縫い合わせる方法で、削皮法はタトゥーの色がついた皮膚を取り除く施術です。痛みが強い、傷が残る、ダウンタイムがあるなどのリスクがありますが、タトゥーをスピーディになくせます。

カラータトゥーのタトゥーを除去した人の口コミ

口コミ!ピコレーザーによるたった1回の照射でもタトゥーが薄くなりました。色のついたタトゥーは消せないと聞いていたので心配しましたが、これなら効果が期待できそうです。

口コミ!切除法しかないのかと諦めていたところ、ピコレーザーによる施術を知って受けることにしました。クリニックに通わなければならないのは面倒ですが、たった3回で確実に効果がでてきています。

⇒ 刺青除去について詳しくはこちら

 
ページの先頭へ ▲
免責事項:
このサイトで紹介しているさまざまな情報は、すべて個人で調査したものです。提供施術が変わることも予想されますので、正確な情報につきましては、必ず各クリニックの公式ページをご確認ください。【2016年2月】