知っとき隊!新旧の刺青除去法を徹底比較!

最新の刺青除去施術「ピコレーザー」をはじめとする美容外科の手法を一挙紹介

刺青除去の治療方法ガイド HOME » タイプ別に見るタトゥー除去 » スミ一色のタトゥー除去

スミ一色のタトゥー除去

"

黒や濃い青などで描かれているスミ一色のタトゥーは、主にワンポイントとして使われていることが多いです。また広範囲にわたる和彫りもスミ一色で描かれるパターンが多いのが特徴です。ここではスミ一色のタトゥーを除去する方法をご紹介しましょう。

スミ一色のタトゥーを消すには

スミ一色のタトゥーを消すためにはレーザー治療がもっともおすすめです。皮膚の奥まで埋め込んだ墨をレーザーの特殊な光を当てて破壊します。通常、肌についてしまったシミなどの色素は表皮層のターンオーバーによって自然とはがれ落ちます。

ところがタトゥーの墨はターンオーバーの範囲外である真皮層にまで達しており、自然にはがれ落ちません。表皮層の奥に存在する真皮層へレーザーの光を効果的に届け、タトゥーの墨を徐々に薄くしていきます。

タトゥー除去のレーザー治療でもっとも最適なのは、YAGレーザーです。黒や濃い青にもよく反応するため、スミ一色のタトゥー除去にぴったりです。切らずに施術できるので傷跡が目立たないメリットがありますが、たった1回の施術で除去できないのはデメリットでしょう。

YAGレーザーによる施術の場合、特に皮膚の浅いところにスミ一色のタトゥーを入れた場合は比較的効果が出やすい傾向にあります。もし深くカラフルなタトゥー除去の場合は切除法のほうが最適だと言えるでしょう。

黒一色もしくは濃紺など暗い色のタトゥーはレーザー治療で消えやすいとされています。ここでは、濃い色素にレーザーが反応しやすい理由やレーザーで入れ墨を消す場合の値段、今注目の最新レーザー「ピコレーザー」の特徴について解説していきます。

濃い色素にレーザーは反応しやすい

レーザーで黒一色のタトゥーが消えやすいのは、黒や濃紺といった濃い色素がレーザー光線に反応しやすいからです。タトゥーの色素が沈着している箇所にレーザーが照射されると、そこの部分に熱と衝撃が加えられて色素が破壊され、体内の不純物となった色素はマクロファージ(貧食細胞)が食べて体外へと排出していきます。

レーザーを照射し色素を破壊して、マクロファージが色素を体外に排出していくということを繰り返すことで、タトゥーを消していくことができます。

レーザーで入れ墨を消す場合の値段は?

入れ墨を消すために用いられているレーザー機器としてピコレーザーとQスイッチYAGレーザーがあり、どちらを選ぶかで値段も変わってきます。

【ピコレーザーの料金相場】

面積 価格
1cm² 26,000円~
2cm²~5cm² 30,000円~
6cm²~10cm² 38,000円~
101cm²~150cm² 72,000円~
501cm²~600cm² 174,000円~

【QスイッチYAGレーザーの料金相場】

面積 価格
1cm²以下 8,700円
5cm²以下 26,000円
10cm²以下 47,600円

ふたつのレーザーの値段を比較してみると、安いのはQスイッチYAGレーザーであることが分かります。ただし、黒一色もしくは濃紺の入れ墨であればQスイッチYAGレーザーでも消すことができますが、ピコレーザーのほうが色素沈着しにくいというメリットもありますので、どちらにするかはカウンセリングでしっかりと相談してから決めていくとよいでしょう。

治療の期間

基本的にスミ一色のタトゥーは、カラーに比べてレーザー施術で消えやすい傾向があります。ただ墨が入っている深さによってレーザー治療による除去効果は変わってくると心得ましょう。浅ければたった1回でかなり薄くなることもありますが、深ければ深いほど効果は衰えてしまいます。

レーザー治療の場合、薄く小さいタトゥーなら、2ヶ月に一度のレーザー照射にて5回から10回で除去できます。期間に換算するとおおよそ10ヶ月から1年くらいの通院期間が必要になると心得ましょう。

もしレーザー治療で完全に消えなかった場合は、切除法などを選択することになります。大きさにもよりますが、あまり大きいものでは1度に除去できません。数回に分けて切除することになりますが、クリニックによっては断られる可能性もあります。だいたい3㎝までなら1回の施術で切除可能です。お腹など皮膚の伸縮性があるところは4㎝から5選定程度なら、無理せずに切除できますよ。

ピコレーザーで処理するタトゥーとは?

ピコレーザーはカラータトゥーを除去するのに優れたレーザー機器です。今までのタトゥー除去の主流であったQスイッチYAGレーザーは黒や濃紺といった色素の暗いタトゥーにしか効果を発揮しませんでしたが、最新レーザーであるピコレーザーはあらゆる色のタトゥーの除去をすることができるようになっています。

ピコレーザーは特に入れ墨で多用される青や緑の除去に高い効果を発揮するだけでなく、濃淡がある複雑なカラータトゥーにも対応することができています。しかも、QスイッチYAGレーザーに比べて痛みが少なく、治療期間も短いというメリットがあります。

タトゥーの除去手術とは?

タトゥーを除去する方法は、レーザー治療以外に切除治療と皮膚移植手術、削皮治療というものがあります。ここでは、タトゥーの除去手術の方法とリスクや痛み、手術後の仕上がりについて解説していきます。

  • タトゥーの除去手術の方法

   タトゥーの除去手術の方法としては切除治療と皮膚移植手術、そして削皮治療の3つがあります。

  • 切除治療

   タトゥーや刺青が入っている部分を切除して、周囲の皮膚と縫い合わせていくという治療法です。

  • 皮膚移植手術

   タトゥーや刺青が入っている部分を切除して、太ももやお尻の皮膚をそこに移植するという手術です。

  • 削皮治療

   皮膚の奥まで切除するのではなく皮膚の表面だけを削り取ってタトゥーや刺青を除去する治療法です。

除去手術のメリットとデメリットは?

  • 切除治療のメリットとデメリット

    メリットは1回でタトゥーを除去することが可能であるという点です。レーザー治療のように何度も通う必要はありません。デメリットとしては、皮膚に傷跡がどうしても残ってしまうという点です。また、広範囲にわたるタトゥーは取り除くことができません。

  • 皮膚移植手術のメリットとデメリット

    メリットは切除治療と同じで、1回でタトゥーを除去することが可能ではあるという点です。デメリットは傷跡が残ってしまうという点と、皮膚が生着しなかった場合に傷跡がうろこ状になってしまったり、壊死して再手術をしなければならなかったりする可能性があるという点です。

  • 削皮治療のメリットとデメリット

    メリットは1回の治療で効果を得られるという点です。すぐにタトゥーを除去したいという方に向いています。デメリットとしてはタトゥーの色素が残っている部分まで削り取らなかったためにタトゥーが完全に消えなかったり、逆に皮膚を深く削り過ぎて傷跡がケロイド状になってしまったりする可能性があるという点です。

入れ墨を自分で消したい!消し方は?

入れ墨を消したいけれども整形外科で除去するのは高額だから「自分で何とかしたい」と考える方もいるかもしれません。では、自分で入れ墨を消す方法はあるのでしょうか?自分で無理やり入れ墨を消すリスクにはどんなものがあるのでしょうか?ひとつずつ解説していきます。

入れ墨を無理やり自分で消すのは危険

入れ墨を自分で消す方法はあります。例えば、タバコの火で皮膚を焼く、化学薬品で皮膚を溶かす、カッターやナイフなどで皮膚を削るといった消し方です。いずれの消し方にしても自分で無理やり入れ墨を消すのは危険です。

タバコの火もしくは熱した金属を皮膚に押しあてて、皮膚を火傷させた状態にしてタトゥーを消そうとする方法では、当然ながら皮膚に火傷跡が残りますし、火傷跡によって完全にタトゥーが消えるという保証もありません。

化学薬品で皮膚を溶かして消す方法はタバコの火を押し付ける以上に危険な方法です。傷跡が残りますし、傷跡から雑菌が入って感染症にかかる可能性もあります。

入れ墨は肌の奥の真皮層に沈着しているものですので、そこに達するまでカッターやナイフで皮膚を削るという方法は現実的ではありません。痛みを伴いますし、傷口から細菌などが入り感染症にかかるリスクが高くなります。

タトゥーが消える?タトゥー除去クリームとは?

整形外科で高額の治療費を払うお金もないけど、自分で無理やりタトゥーを消すのはリスクが大きすぎると考えている一部の人が試しているのがタトゥー除去クリームというものです。アメリカで販売されているもので、日本からも入手することができるようです。

タトゥー除去クリームを使用した方の口コミを見てみると、3カ月ほど使用を継続して徐々に効果を感じられるようになってきたというものや、半年ほどしてタトゥーが目立たなくなってきたというものがありました。口コミですので、同じような効果を確実に得ることができるとは言い難いですが、気になる方は試してみることもできるかもしれません。

スミ一色のタトゥーを除去した人の口コミ

こどもが産まれるのと同時にタトゥーを消したいと思うようになりました。タトゥー除去のレーザー治療費は85万円ほどと高額でしたが、皮膚を切開せずに治療できてよかったです。徐々に薄くなってきているので満足しています。

20回ものレーザーを黒一色のタトゥーに照射しましたが、薄く残ってしまいました。タトゥーのレーザー施術は消すというよりも薄くするといったほうがいいのかもしれません。期待外れでしたが、かなり薄くなったので十分に効果はあると思います。

レーザー治療でも十分にタトゥーを除去できると言われていましたが、自分の都合の関係で切除法を選択しました。一般の施術のような跡になったので満足しています。これからは念願だった温泉も行けるので楽しみです。

⇒ 刺青除去について詳しくはこちら

"
 
ページの先頭へ ▲
免責事項:
このサイトで紹介しているさまざまな情報は、すべて個人で調査したものです。提供施術が変わることも予想されますので、正確な情報につきましては、必ず各クリニックの公式ページをご確認ください。【2016年2月】